突発性難聴とは何か

Room in hospital

突然耳が聞こえなくなる、原因がいまだ明らかになっていない病気がある。それが突発性難聴である。もしも突然耳が聞こえなくなったらどうするか。ことは時間との勝負である。できるだけ早く高圧酸素療法を行える病院を探し、入院することが重要だ。

Read More

不眠症と薬依存を治す

Room in hospital

眠れない時の症状と言えば、不安や考え事などがほとんです。このような症状から起こる不眠症を改善する為に睡眠薬や精神安定剤などの薬に頼らずして、ちょっとした当たり前の行動をするだけで改善する方法があるのです。

Read More

体質に関するトラブル

Room in hospital

この様に、脂質異常症と呼ばれる病気は様々なタイプのものがあり、治療方法も大きく変わるものです。また、治療にかかる時間には個人差があるということから根気よく治療を続けることが必要であると言われています。

Read More

脊柱管狭窄症の原因

寝付きが悪くてお困りなら不眠症かもしれませんので、コチラで紹介されているサプリをぜひ飲んでください。効果抜群ですよ。

訪問日程や管理に関することも相談できる産業医情報がこちら。優秀な人材ばかりを紹介してくれるから希望を伝えてみましょう。

脊柱管狭窄症の現状

脳から手足に指令を出したり、逆に体からの感覚情報を伝えるための、太い神経組織、それが脊髄です。脊髄およびその神経は首の上のあたりで脳から移行し、そのまま背骨の中のトンネルを通ってお尻まで伸びています。この背骨の中のトンネルを脊柱管といいます。脊柱管狭窄症は、この脊柱管が色々な原因により狭くなり、中を通っている脊髄やその神経が圧迫されることによって生じる病気です。首のあたりで起きれば頸部脊柱管狭窄症、腰のあたりで起きれば腰部脊柱管狭窄症となります。ただ、首のあたりで起きる場合にはその原因に応じて頚椎症性脊髄症(頚椎症)や頸部後縦靭帯骨化症、頸椎椎間板ヘルニアなどと呼ばれることが多いので、腰に対して使われることが多いようです。2か所以上において脊柱管狭窄症がある場合には、広範脊柱管狭窄症として難病指定となり、医療費の補助が受けられます。

気を付けるべきこと

脊柱管狭窄症は、脊柱管の狭窄が認められて初めて診断されるものですので、基本的にはMRI検査の後に診断ということになります。MRIができない場合にはCTで部分的に、ミエロCTでは完全に診断することができます。脊柱管狭窄症の場合、頸部であればまず安静、腰部であれば症状に応じた内服治療となります。ただ、脊柱管が狭窄している部位に関わらず、どこかの筋力が衰えてきた、トイレにてうまく排泄出来なくなった、というような症状が出てきた場合には急いで手術を考慮しなければなりません。安静や内服にてどうにも症状が治まらない場合には、手術を考えます。頸部であっても腰部であっても基本的には脊柱管を広げる手術になり、背骨の一部(椎弓)やその下の靭帯を切除する術式となります。

急に聴力が落ちてしまう突発性難聴はサプリメントを服用することで改善が期待できます。しっかりと利用してみましょう。

オススメリンク